More, T-CRAFT

アクア レクサスホーン取付 ヘッドランプの上部に若干クリアー剥がれがある為ヘッドライトコーティング施工 ボデーコーティング施工車でしたが経年の為、ボデーガラスコーティング施工のご依頼です。

ホーン取替にはフロントバンパーを外す必要があります。今回はスリーエムヘッドライトコーティングの施工もありましたのでヘッドライトは外させて頂きました。

500番にて旧クリアーを除去。傷等共々削ります。

徐々にペーパーの番手を上げて、深いペーパー傷を消して徐々に消し去ります。

綺麗に磨けました。あとは取り付けてヘッドライトを点灯させてペーパー傷が見えなくなるまで確認しながら仕上げます。(磨いている時はヘッドライトは付けなくあくまで確認の為に)この作業により細かな傷も確認しやすくなり、品質レベルは格段に向上致します。ヘッドランプを外した理由はヘッドランプレンズ部エッジ裏部を綺麗に清掃する目的もありました。オーナー様での作業の選択をしてくださいませ。

お次はレクサスホーン取付作業。アクアの純正ホーンは、HIとLOと2個あるかと思ってましたが、1個しかありませんでした。オーナー様のホーンの音色を変更したい意味がようやく分かりました。

この商品がトヨタ純正レクサスホーン(LS600用)部品のお値段も比較的お安く1個2,020円(税抜)HIとLOがありますので×2。

1個は既存の場所にインストール。干渉を避けるため少し斜めに取付

ホーン増設もありますので配線増設。配線増設には当社はギボシまたはハンダを使用。エレクトリカルタップは断線接触不良が多く当社は取扱はしておりません。コネクターもトヨタ純正。

コンデンサーと干渉しないようにステーを塑性変形させ調整。ボルトナットが緩まないようにボルトナット間にスプリングワッシャーとワッシャーを入れしっかり固定。配線にもクランプを使用しリーンホースメントに固定。

カバーを取付。ある程度のクリアランスを確保するためにカバーの突起部をカットして振動で異音が出ないように、クッション材を貼り付け。

全て復元。ボデーコーティングも施工完了。

 

ヘッドライト磨きは、傷1つ無く磨くのはなかなか大変な作業でございます。仕上がりの違いはヘッドランプのライトを付けた時にレンズ部を見れば一目瞭然でございます。スリーエムヘッドライトコーティングは下地の良し悪しで出来映えはかなり変わります。

その他ヘッドランプクリアー施工もございます。ヘッドランプ専用クリヤーは、レンズリフォーマー2・PCクリヤーと選択が出来ます。

ボデー共々猛烈な輝き。

たまらない・・・・。

 

ご依頼誠に有難うございました。

あっそうそうレクサスホーン取付後の音色です。さりげないカスタム・・・・。

ご依頼誠に有難うございました。

勝手にエンジンルーム綺麗にしてしまいました。ごめんなさい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。