More, T-CRAFT

スカイラインR32クラッチマスターシリンダー ブースター 交換のご依頼です。クラッチが徐々に切れなくなり走行不能になっていました。クラッチブースターを外すには隣のブレーキブースターの車内側のナットを外しブレーキブースターを前にずらしこみクラッチマスター&ブースターを外します。

新品のクラッチマスター&ブースターに交換。不良のクラッチマスターを参考にクラッチブースターのリンクを同じ長さにすると組み付けてからのクラッチのペダル調整の時間短縮になると思いました。

クラッチのフルードのエア抜きですがレリーズのブリーダープラグからと

配管のレリーズからエア抜きします。

クラッチマスターの上にフルードを設置して負圧でエアーがなくなるまで抜きます。その後クラッチペダルを踏んで抜き替えします。負圧のフルード抜き替え工具が無いとクラッチペダルを気が遠くなるほど踏まないといけないようです

クラッチペダル調整・試運転をして作業完了いたしました。

 

とても綺麗なお車でした。ご依頼誠に有難うございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。