More, T-CRAFT

 

180系ハイラックスサーフボンネット・ルーフ塗装劣化の為塗装してくださいとのご依頼でございます。なんとオーナー様新車から乗られていましてワンオーナー車両。希少価値プレミアムものでございます。

ボンネット・ルーフともかなり劣化しております。劣化部分の不良塗膜を剥離して下地を作り塗装を行う作業をします。旧塗膜の表面を削りサフェーサーで処理しての作業では旧下地の影響を受けやすく不具合回避ということも考えての作業を致しました。

ボンネットを外します。ボンネットボルトも塗膜欠けのないよう様に特殊工具で外します。

塗装剥離剤を塗り込み浸透させる為にビニールで被い被せてみました。エッジ部は剥離しない様にマスキング処理してあります。

旧塗膜が剥離できました。

ルーフ面もマスキング

ルーフ付属部品を外し剥離剤を塗ります。

剥離剤をルーフ塗膜劣化部に塗ります。

するとしばらくして塗装膜が浮いてきます。

 

浮いた塗膜を樹脂スクレッパーでこし取ります。

あまり見られない光景ですので宜しかったらどうぞ。

ルーフ面全剥離。手間かかってます。

剥離剤も完全に落とす為電着塗装もある程度削り、錆部は完全に削ります。凹み部も修正。

サフェーサー塗装

サフェーサー空とぎ

ボンネットも錆部除去等下地を形成してサフェーサー塗装

乾燥後空とぎ工程に入ります。

塗装前の状態。

塗装完了

ルーフ面マスキング

両フェンダー塗装をぼかす為に上部塗装。経年劣化紫外線等によりフェンダー前方と後方でなんと色が違いました。ブロック塗装では色の相違が目立ってしまう為(ご予算も踏まえての)こういった作業になりました。

綺麗に塗装出来ました。完成写真は撮り忘れてしまいました。旧塗膜を剥離することにより後々の不具合を回避できるかと思います。ご依頼誠に有難うございました。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。