More, T-CRAFT

 

 

ハリアー革シート各部修理、ステアリング修理、インパネ修理のご依頼になります。

運転席座面、背もたれ、ひじ掛け補修になります。座面のメッシュ部の革伸びがとても気になります。

革シートの伸びはあまり修正する業者さんは少ないかと思いますが当社は直すことが出来ます。

色の剥がれ

ひじ掛けの革伸び、亀裂

各部しわ

ある方法にて革を絞ります。徐々に徐々に・・・・・。

画像手前の座面のヒビしわが多かった箇所も皮を絞ることによりしわが引っ張られいくつかのしわはなくなっていきます。

その後ひび割れ部にシボ剤を刷毛で塗り削り塗り削りと下地を整えていきます。

メッシュ部でひび割れがあるところの補修はだんだんメッシュの穴が塞がれてしまいますので、穴開け調整が必要になります。メッシュの穴の縁が欠けたところは積層削りと徐々に調整していきます。

 

少しずつ徐々に・・・。

革シートリペアには絞ることで、格段に仕上がりが向上いたします。またクッションの劣化もございますので、クッション交換も視野に入れていただくと、シートはかなり復活します。切れてしまったシートは補修も可能ですが、新品の革交換が無難ではないかと思います。

ひじ掛けを取り外しひじ掛けの革絞りにて形を修正。

革伸びを修正してひび割れを埋めます。

シボ剤を刷毛塗り。削り刷毛塗り。

ステアリングも各部色剥げ ステアリングも単品にて修理します。

 

ホーンボタンも・・・。

 

インパネの擦れ跡も修正

 

助手席座面のシミ・中央座面しわ、画像手前のしわも消し去ることが出来ます。

 

下地形成。

 

 

 

 

 

 

 

そして出来上がりました。

 

なぜだろう・・・。なんだか素敵すぎるよ・・・。

ただ傷が消えただけでなく、あのてかてかのステアリングがこのしっとりとしたつや消し感。

 

のびのびの革シートが嘘みたいに直ります。

たまらない・・・・・。

ひじ掛けも復活

あのしわ直ります・・・。

デリシャス。

 

仕上がりへの追及

沢山のご依頼誠に有難うございました。

当社の皮革塗料は、耐摩擦、耐水性に優れた、硬化剤を入れる2液タイプを使用。

日々精進。

感謝。

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。