More, T-CRAFT

 

プリウス30エンジン不調 修理のご依頼になります。走行中エンジン駆動時にものすごいエンジンの揺れガタつきがあったそうで入庫。ご入庫時はオーナー様と状況を確認しましたが、症状出ず。異常コードも検出されませんでした。プリウス30のエンジンの異常振動は、いろいろな原因があります。今までにある不具合は、プラグによる不調。インテークに水が溜まってしまいエンジン不調につながるケース、EGR不具合によるエンジン不調。

良い混合気、良い圧縮、良い火花どれが劣っていてもエンジン不調はございます。この車両は走行距離12万キロの車両で、今まで不具合は無いとのことで、一番怪しいのはプラグ、スロットルバルブなどインテーク等のカーボンスラッジだまりなどが怪しいのではないかと。

プラグ点検そして交換。大分くたびれていますね。右側1本が新品

プラグにもいくつか種類がありますが、これ入れときました。理由は・・・。まあいろいろなメーカーさんの批判になりますので、コメントはしません。

スロットルバルブ これがプリウス30のスロットルバルブなんです。見て皆さん何もしなくてもきれいじゃないですかと思うかもしれませんが、スロットルバルブのわずかな隙間のところに長年の吸入空気による、カーボン、スラッジが堆積して段差が出来てることもよくあります。その段差により吸入空気量のばらつきが出てしまいます。コンピューターが制御しているからあまりわかりずらいところもありますが、そのことにより不安定になる場合もあります。

OBDから診断機スナップオンMTG2000によるアクティブテストの項目にある強制的にスロットルバルブを駆動。

最近の電子制御のスロットルバルブはIG ON(エンジンは始動していません)でアクセルペダルを直接踏み込んでも開かない車多いですね。その場合は強制的にスロットルバルブを駆動させる装置が必要なわけです。スロットルバルブ開けるだけでも、手間がかかるのです。

空けたら、ほらっ汚れが隠れていましたね。 電子制御のかたまりのお車でも、汚れは大敵ですから。

そして最近(だいぶ前からですが)のスロットルバルブは、表面にコーティング処理がされている車が多く、エンジンコンディショナーのような強力な洗浄作用のある物は直接かけないようにしてくださいと、各メーカーさんのご指導もありいろいろと洗浄するだけでも、注意することが増えてきました。

ワコーズスロットルバルブクリーナー。ただかけるだけでは汚れは取れませんので、専用ブラシで

堆積した汚れを落とします。

丁寧に丁寧に

優しく丁寧に、しっかりと堆積した汚れを感謝しながら落とします。当社を選んでくれてありがとうとぶつぶつ言いながら・・・・・。

お次はエンジン内部洗浄。ワコーズレックス。プリウスはレックスしちゃあだめよと、ネット検索するとたまに出てきますが、ワコーズさん共々検証済みであり、逆にレックスはお勧めです。だれがあんなこと書いたんでしょうね。そして接続するところもネット検索すると、めちゃくちゃなところにつなげてる画像がたくさんありました。あえて言いますが、レックスは洗浄効果が大きい為、先程も書きましたが、スロットルバルブにコーティングがされている為、スロットルバルブよりも後ろでつながないとあまり宜しくないです。物事には理由が必ずあります。

もちろんエアクリーナー等外さないと付けれません。もちろんエアクリーナーのフタも仮組してセンサー繋げないといけませんですが・・・。

そしてメンテナンスモードへ移行。

エアクリーナーはとても綺麗でしたので清掃。レックス終了後ある程度回転数を上げて残留液を排出。

プリウス30は、レックス施工後でも、もくもく煙はでません。

ヒューエルワンを燃料タンクに入れて走行時も洗浄作用継続。

そして、ディーラーでも保証延長されているEGRの交換作業。この車両は保証適応。

そして亀裂のあったリヤバンパーを新品部品と取替作業

作業風景

ヘッドランプに水滴がありました。フェンダー等見ましたら、再塗装されてましたので修理されたあとがありました。エアーで水滴除去。その後水滴たまらいとのことです。

余談ですがヘッドランプの裏側にはあまり水をかけない方が宜しいと思います。気圧を調整する穴等ございますので・・・・。オーナー様がお水をエンジンルーム内にかけることはなさそうですので、業者さんかもしれませんね。

この度はご依頼誠に有難うございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。