More, T-CRAFT

 

レクサスRX200t トムス パワーボックス ライナースロットルシステム取付 ワイパーラバー取替になります。

ブーストUPパーツパワーボックス

トヨタ2Lターボ(8AR-FTS)/1.2Lターボ(8NR-FTS)エンジンのパフォーマンスを引き出すブーストUPパーツ

  • 圧力センサー値をコントロールすることによりブースト値を上昇させ、体感可能なパワーとトルクの向上を実現。
  • エンジンルーム内のコネクターにカプラーオンの簡単装着。
  • 社内テストで2Lターボで21PS、26Nm、1.2Lターボで12PS、26Nmの出力向上を確認

パワーボックス詳細

パワーボックス取付作業中

取付中

オーナー様と打ち合わせ。こだわりの取り付け位置。

レクサスRX200tのパワーボックス取付作業工賃は21,600円 作業時間約3時間程になります。

 

続いてトムスライナースロットルシステム(電子スロットルコントローラー「L.T.S.Ⅲ」)の取り付けになります。

その前にL.T.S・Ⅲの機能紹介

電子スロットルを完全制覇。
アクセルペダルの動きとスロットル開度を同調させ、電子スロットル装着車特有のもたつき感を解消。6つのモードを設定する事により、ドライブシーンに適した、理想のアクセルレスポンスを実現。

・アクセルペダルの動きとスロットル開度を同調させ、電子スロットル装着車特有のもたつき感を解消。スポーツドライビング時には鋭いアクセルレスポンスを実現し、リニア且つ、力強い加速を獲得する。

・6段階のモード( ECO1 / ECO2 / SP1 / SP2 / SP3 / SP4 )切り替えにより様々なドライブシーンに適したアクセルレスポンスを選択可能。

・安心のノーマル復帰機能。エンジン始動時は自動的にOFFに戻る安心設計。(カスタマイズ可能)

・OBD(車両診断コネクター)を使用しない汎用接続。

電子スロットルコントローラー「L.T.S.Ⅲ」詳細

 

電源はIG ONまたは常時電源。推奨はIG ON電源。当社は配線図完備。

配線図と格闘。ようやく見つけ出せました。取付配線の場所は秘密。

 

レジスター付近下に配線見えないように取付。

穴あけ加工。

モニター部の配線を隠すために、コネクターを外し配線を穴に通します。

 

その作業により配線を隠すことが出来ます。

配線を隠します。こだわりの取付。

さりげなく。

たまらない。

レクサスRX200tの電子スロットルコントローラー「L.T.S.Ⅲ」取付作業工賃は15,120円 作業時間約2時間程

次にワイパーラバー取替。

オーナー様言っておりましたが、オートバックス等量販店には売ってないそうです。確かに特殊。

欧州車みたいにワイパーブレードごと交換ではないようですが・・・。

 

サービスポジションセット。

ブレードごと外して 画像下は新品ワイパーラバー

薄歯でストッパー解除

引き抜き。取付はその逆。

この度はたくさんのご依頼誠に有難うございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。