More, T-CRAFT

 

ヴィッツ各部立て付け調整 フロントグリル塗装 バンパー下がり修理のご依頼になります。

静岡県よりお越しくださいました。

メールにて症状を拝見いたしました。

車種は25年式のヴィッツGRMNターボです。
去年フロントバンパーをぶつけて交換しました。
車の色は白なのですが、交換したバンパーは黒に
しました。リアも黒くしました。
交換修理は板金屋さんでしてもらいましたが
フロントバンパーがずれといか隙間がある気がしてます。
板金屋さんもこれ以上は無理だそうです。

86やフィットのバンパーずれの修理を拝見しました。
気になるので一度見てもらえますでしょうか。
写真も送ります。
都合つく日が土曜日です。行く前には連絡します。

右のヘッドライトは取り付け部修理してます。
左は新品です。

このような内容でございました。

一度ご来店いただきお見積りをいたしました。

フロントグリルも塗装頂きたいということで、新品部品ご注文&塗装ご依頼。その他必要部品のご注文

塗装後に再度ご来店ということになりました。

グリル塗装完了。ご依頼カラーナンバー6V5(トヨタカラーコード)

再度ご来店。寸法計測、今回はボンネット立て付け修理・ヘッドライト立て付け修理・フロントバンパー下がり修理とフロント部の立て付けを調整致しました。

バンパー内にアルミシールも貼りつけてくださいとのご依頼も

ブラケットにとある加工を致しました。画像は加工前 秘密・・・・。

ヴィッツのフロントバンパー下部グラグラでしたので、ヴィッツ専用フロントバンパー補強ブラケット作製。このようにフロントバンパー下部を固定することにより・走行時のフロンバンパーのガタつの軽減、フロントバンパーの面圧によるフロントバンパー後方移動・下方移動の防止になります。販売も可能でございます。

また補強ブラケット取付時にフロントバンパー下側を手前に押し出しながら締め付けますと上部取付部を支点にしてフロントバンパーとフロントフェンダーの隙間を狭める方向に動く為フロントバンパー下がり防止効果も有効でございます。

各部立て付け良好。ボンネットのガタつきもなくなりました。(ロック部下方移動)

フェンダーとボンネットの隙間も左右均一。ボンネットとフロントバンパーの立て付けも良好。

フロントフェンダーとフロントバンパーの隙間も目立たなくなりました。

美しい。

追加作業のご依頼でバックドアとクォーターパネルの隙間を左右均一にいたしました。

ストライカーの移動調整では高さの相違が出来てしまい調整できず、バックドア側のヒンジ位置決めボルトを加工し調整ボルトに。ボルト自体の強度的な問題はオーナー様了解済み。同型同強度の調整ボルトも在庫しておりますが、塗装処理が必要のため今回はボルト加工。

少し左にバックドアを移動させました。バックドア側のヒンジボルトの位置が左に移動した為、塗装をいたしましょうか?との問いに、気になりませんのでOKですとのこと。

 

まだいろいろなさりげないカスタムを計画中ことのようで、ご質問をたくさんいただきました。この度はご依頼誠に有難うございました。

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。