More, T-CRAFT

 Zen-Xero Dynamic の特徴

Zen-Xeroの新テクノロジーでさらなる耐久性と撥水の持続性を実現します。

  • ・Zen-Xeroテクノロジーによるアクセラレーター効果でガラス被膜を塗装面に強力に定着
  • ・これまでにないガラス被膜とフッ素の完全融合を実現し、均一に配列することで優れた撥水を持続
  • ・膜厚のあるガラス被膜が深みのある艶と優れた光沢を実現
  • ・高い平滑性による積極的な流水である「動的撥水機能」を実現し、シミが付きにくい
  • ・特殊フッ素により、耐酸性をはじめ、優れた耐薬品性を実現

Zen-Xero テクノロジーによる優れた圧倒的耐久性

従来のガラス被膜コーティングでは、被膜自体の強度は確立されていても、塗装面との結合という点で改善の余地が残されていました。それは有機質である塗装 面に無機のガラスを結合させるという点で、結合力が弱く、塗装面上に微細な凹凸に合わせて乗っていると言うイメージでした。

Zen-Xero Dynamicは、塗装とガラス被膜をより強固に定着させるため、専用のアクセラレーター(プライマー)を新開発。プライマーは独自のハイブリッド構造によって、塗装面側には有機質の部分が密着し、上に載せるガラス被膜に対しては無機質同士で強力に結合します。さらにアクセラレーター自体もガラス 質の被膜を形成することでより深みのある光沢と平滑性を実現し、Zen-Xero Dynamicの効果を100%発揮させます。

持続する超撥水性能の秘密

従来、撥水性を有するガラス被膜は、撥水性をもたらすフッ素やメチル基などの撥水基が被膜の表面で形成され作用するため、経時変化による被膜表面の減少によって著しく撥水性が失われていくという欠点がありました。
Zen-Xero Dynamicはこれまでにないフッ素とガラスの完全融合を実現し、ガラス被膜中に均一にフッ素が配合されることで、被膜の減少が生じた場合でも常に撥水基が存在することで撥水状態を持続します

被膜の表面層にのみ撥水基が存在するため、そこがなくなると撥水しなくなってしまう

被膜中に撥水基が均一に存在するので、被膜が削れていっても新しい表面は撥水基があるので撥水する

ガラスとフッ素の完全融合

シリカ同士の結合間にフッ素が均等に配列することで優れた撥水性と平滑性を実現し、これまでにない性能の持続性を得ています。

動的撥水性のメカニズム

Zen-Xero Dynamicにおける動的撥水性の実現は、原材料の選定からフッ素の配合比率まで、全て要素を最適なバランスで使用することで実現しました。動的撥水性を引き出すためには、被膜表面の平滑性や撥水自体の撥水角など、様々な要素のバランスが重要となります。単純にフッ素を被膜表面に配置しただけでは困難です。原材料の選定から配合量など、基本となる考えを動的撥水性を主眼に再考し、新たな機能性を実現しました。
塗装面上の水滴を積極的に流れやすくすることでシミなどのダメージを大幅に軽減します。

Zen-Xero Dynamicはシリコンをベースに特殊な金属系バインダーでフッ素を結合し、被膜中に均一にフッ素を配合することに成功致しました。さらにフッ素の配合バランスで撥水角を調整し、ガラス被膜の優れた平滑性を複合し、これまでに無い効果的な流水性能を発揮します。従来の撥水性に優れたガラスコーティングと比較してもその滑落角(流水性)が圧倒的に優れています。

耐酸性をはじめとした優れた被膜特性

従来、ガラス被膜の撥水基として多く用いられているシランやメチルの撥水基は酸に対する耐性が弱く、酸の影響を受けて撥水性が失われる傾向にあります。

Zen-Xero Dynamicでは、酸に対して耐性の高い特殊フッ素をガラス被膜内に均一に配合したことで、従来にない優れた耐酸性を得ています。

Zen-XeroDynamicの耐酸性テスト

                                                     ~コーティング部分は腐食しません~

zenxerodynamic-pro_01[1]

img_mk_main01

 Zen-Xeroに付属しているメンテナンスキットはZen-Xeroのためだけに考えられた製品です。

施工証明カードはシリアルナンバー・施工店名が印字される・・・・。

 ゼンゼロダイナミック レクサスLS460 施工例

ゼンゼロダイナミック マツダCX-3 施工例

ゼンゼロダイナミック レクサスIS 300h 施工例

その他コーティング施工事例

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。