More, T-CRAFT

 

 

210クラウン後期 クロノス エアロパーツ取付のご依頼になります。

フロントスポイラー・トランクスポイラー・ルーフスポイラーの3点取付のご依頼です。色付きの設定もございましたが、色違い・立て付け不良の心配の為、メーカー様の回答は多少個体差はございます。クレームということはないのですが、年式により色違いは多少ございます。フロントスポイラーは調整が必要の場合がございますとの回答でした。オーナー様とご相談の上、色なし設定の物をチョイスして立て付け等しっかり調整して塗装してくださいとのことになりました。納期は注文後2週間~3週間程だったかと思います。

 

 

色なし設定の場合素地のままの状態です。歪み抜きはされてませんのでFRP特有のなみなみ歪みを取る作業も行います。

歪を取った状態。商品が到着して歪み抜きが取れた状態からお車のお預かり。仮付け調整、塗装組み付けという段取りになります。

車両お預かり。仮合わせ。

フロント調整完了。

リヤトランクスポイラー・ルーフスポイラーは塗装時のジグ取付穴を先に作製しております。M5で穴あけM6×1.25のタップでねじ切り。

リヤスポイラーを実際に両面テープを貼り付け。(実際に貼りつける両面テープよりも若干薄いもので)設置面をマスキングテープで保護。

そして剥離紙を剥がし取付。なぜこの作業をするかというと両面テープの厚み分スポイラーの浮き、その他製品の誤差による変形による隙間を埋める作業をする為です。このことによりスポイラーのフィッティングが格段に向上するという狙いがあります。

取付した状態。若干の隙間があるのがわかると思います。この隙間にパテをしごき入れます。強度が特に必要な場合はFRP樹脂を流し込みます。

ルーフスポイラーも両面テープにて取付。隙間を埋め込みます。

トランクスポイラーを一旦外した状態。ここから修正して両面テープの厚み分の下駄を丁寧に形成してゆきます。

こちらはルーフスポイラーの作業途中写真。

トランクスポイラーの作業途中写真。ここからサフェーサー塗装と徐々に塗装前の状態に持ってゆきます。

白色サフェーサー塗装。ここから再度320番で歪み抜き。下駄部形成と完成度を上げる作業をいたします。そして2回目のサフェーサー塗装。

塗装前の状態。

塗装完了。

いい感じ。

位置決め部をマスキングテープで張りその範囲内でプライマーを塗布。

中央部から外側へと両面テープの剥離紙を引き抜き取付

両面テープが覗いても見えないとても綺麗な状態に取付が出来ました。

両面テープを貼る場所を描いているところ・・・。

フロントスポイラーもご依頼の艶消しブラック塗装 艶消し度は、グリル部と似たような感じで仕上げてみました。見切り部も綺麗になるように見切りテープを使用して、半乾き状態の時に見切りテープを剥がしました。そのことによりツートン部の境が滑らかになります。

取付。

たまらない・・・。

アップで

いい感じ。

トランクスポイラーアップで

社外スポイラーのフィッティングの不具合を克服。他社を圧巻。

フィッティングもたまらない。

さりげないカスタム・・・。

オーナー様のチョイスに脱帽・・・。この度はご依頼誠に有難うございました。感謝。

クロノス210クラウン後期メーカーサイト

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。