More, T-CRAFT

86バンパーとフェンダーの間の隙間修理のご依頼です。三重県からお越しくださいました。1年位前から当社のブログを拝見されてたみたいで継続的に見ていただいてくれてた様でとてもうれしく思いました。この修理も沢山の台数やらさせて頂きました。ブログで修理方法など載せましたのでこの修理の台数は一時程多くはなくなりましたが、オーナー様は、ひいきにしている鈑金屋さんがあるのにも関わらずご来店頂きました。誠に有難うございます。ご来店前に左フェンダーに飛び石傷による凹み塗膜剥がれが、出来てしまったようで、ついでに作業していただけますかとのご依頼がありましたので、デントリペアとタッチアップ。かなり完成度の高いタッチアップ(カラーベースを塗膜の剥がれ部にカラーベースを補充乾燥後にクリアーを補充。乾燥後にクリアーを平滑にして、磨く方法)当社ではスクラッチコートと呼んでいますが、低コストかつ完成度の高い仕上がりで大変喜んで頂きました。

この画像は作業前の写真

ディーラーさんで改良後のブラケットを交換されても改善されなかった様です。

改良ブラケットは2mm上にあがる様に改良されているようですが、それ以上にバンパー下がりがあるということになります。画像は、ヘッドランプとフェンダー部の隙間が極小になっていますが、フェンダープレス部を押し上げる作業では、ヘッドランプも上に移動することになりますので、フェンダーとヘッドランプの干渉により塗膜が削れてしまう症状もなくなります。ちなみにディーラーさんの回答はハーフスポイラー付けてますから重みでやもうえないとのことのようです。

作業前の画像

当社で修理後

その他お車の点滴RECS施工・フューエルワン補充等沢山の作業のご依頼を頂きました。誠に有難うございました。86フロントバンパー下がりの作業時間は4時間程になります。ご依頼誠に有難うございました。

 

 

その他の86フロントバンパーとフェンダーとの隙間修理事例

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。