More, T-CRAFT

86フロント事故修理のご依頼です。フロントバンパー上部に歪があります。ボンネットロック解除してありますのでボンネットの隙間は気になさらないでくださいませ。

フロントバンパーとフェンダーに隙間があります。

右側もフロントバンパーが下がっております。修理までにかなりお待ち頂き誠に有難うございます。とても綺麗にされているお車でした。皆様ご来店前に洗車されてくるのでしょうか?当店に来られるお車綺麗にお手入れされているお車ばかりです。納期より仕上がり重視のお店ですので、そこそこで早く直してほしいという方は、先にお伝えくださいませ。

フロントバンパー外し。

右フロントバンパー下部追加で亀裂修理のご依頼

下側がり傷。

スポイラー突き上げにより損傷

フロントバンパーを外してみるとブラケット損傷しております。

左ヘッドランプに白い傷が出来ております。

ヘッドランプが押されて取付部が変形しております。

ヘッドランプ取付部も損傷

横から

左ヘッドランプ下部取付部損傷

フロントバンパー・ヘッドランプ・フロントバンパースポイラー・左ラジエータサポート部を全て修理することにより、トータルコストを抑えることが出来ます。かつ、高級仕上げ。

変形亀裂修理

修正。

ヘッドライトの傷も修正します。

左のヘッドランプ・ブラケット等も外します。フロントバンパー下がりを直すために左右フェンダーブラケット取付部を3ミリほど押し上げます。オーナー様自分の車が分解されてるなんてなかなかないので、写真撮影されてました。

左サポート各部寸法計測。ヘッドランプブラケット修正。傷がありませんでしたので、保護しながら修正。

寸法計測により元の位置に確実に戻します。

ヘッドランプレンズの傷が深かったため消すのに旧クリアー層以上に削らなければなりませんでした。オーナー様にはその旨をご連絡。旧クリアー層が削れたまま3Mヘッドランプコーティングでコートするのか、(しっかり磨いてあるので肉眼では見えませんが・・・・。)旧クリアー層全削り後3Mヘッドライトコーティングを施工するのか、旧クリアー層全削り後、ヘッドライト専用クリアー塗装するのかの選択をしてもらいました。今回はクリアー層の全剥離後3Mヘッドライトコーティングを施工。ヘッドライトを単品にして磨きコーティング施工します。

旧クリア剥離

3000番

磨き・アルコールにて脱脂後3Mヘッドライトコーティング施工。ピカピカ✨

 

お次はフロントバンパー修正。損傷している部分を熱し、裏から押し上げ出過ぎてる部分を押し細かな凹凸を削りフラットにして歪を取ります。

亀裂部修正。ステンレスワイヤーを埋め込むことにより強度が出ます。

修理隣接部2次災害が無いようにステンレス板で防護しております。修正完了。

修正後

こちらも歪がありましたので修正

当初亀裂部だけ修理部分補修のご依頼でしたが下側の全体にわたる傷を直したいということで、修理内容変更。フロントバンパーとフロントスポイラーを切り離しました。

塗装のためバラバラに

損傷あり

修正します。温度調整出来るはんだごてで、コツは亀裂部、接着したいところを適温で小手先を上手に使い平行にこねる感じで溶かし圧着させる作業をコツコツと繰り返して亀裂部を修理していきます。

修正完了。

厚み、幅同じ両面テープを貼りつけます。もちろんプライマーは必需。

両面テープ剥離が大変であったのは言うまでもない・・・・・。親指100倍の大きさに・・・???

修正箇所サフェーサー前の状態。

深い擦り傷等の凹みは、裏から押し出して平滑にして面出ししてあります。

水砥ぎ。汚れも洗い流しながら。

スポイラーも

塗装前

色見本帳で、一番近い色をチョイスして

現物合わせで微調整。

カラーベース塗装

塗装後

 

乾燥後ブツ取・磨き 86のフロントバンパーのトヨタエンブレムは、両面テープとエンブレムから出ている2本のピンを止めているリングがありますので、バンパーを車両に組み付ける前にエンブレムを取り付けます。

ご依頼品の取り付け。

アルミテープで走りの味が変わる!? トヨタが新技術を公表「みんなで試して」

 

こっそりと・・・・。

組み付け

フロントバンパーを車両に組み付け・磨き フロントバンパー下部取付部ボルト・ナット止めに変更。

スポイラー組み付け・磨き

 

バンパー下がりも解消

こちらも

ヘッド調整も完了。

 

フロントスポイラーエクステンションパットも新品を使用。たまらないフィッティング。

入庫までにかなりお待ち頂きましたが、待った甲斐がありました。と言って頂きました。

当社ブログを見てのご依頼でした。ご依頼誠に有難うございました。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。