More, T-CRAFT

GRFインプレッサ 後期 C型 補強ステー取り付け ヘッドランプレンズ塗装 フロントバンパー亀裂修理のご依頼になります。

フロントバンパー亀裂がありました。今回は亀裂部を裏から補強してくださいというご依頼。画像はバンパー裏側から撮影

オーナー様バンパー下がらないように、なんとワイヤー取付されてました。なかなか研究されてますねえ。

素晴らしいです。なかなかのものです。今回はフロントバンパーとフェンダーの純正ブラケット加工は、打ち合わせの末、なしでトライしてみました

ホーンの色褪せ。オーナー様塗装されたかった様ですが、お見積り額を見て断念。

ホーンボデーの磨き&コーティングでリフレッシュ。

フロントバンパー外し

 

フロントバンパー亀裂修理裏側のみ修理。

補強ステー作製。 ご要望の方は、当店にて取付可能です。

 

走行風・ダウンフォース等でフロントバンパーコーナー部の後方に押される力を阻止抑制

ヘッドランプ外し

クリアー剥がれあり

旧クリアー剥離

#3000でペーパーがけ。

ポリッシャーにて磨き作業。クリアー塗装では、2000番~3000番ぐらいの番手でペーパーが当たっていれば正直なところ、下地のペーパー傷は埋まります。しかし、なぜポリッシャーにて綺麗に磨くかといいますと2000番、3000番辺りの仕上げですと、粗い傷が残っていても正直なところ、目視では分かりづらく見落としやすいのです。綺麗に磨くことにより、深い傷、磨き切れてない粗い傷、クラック等が、わかる為、見落としなく処理出来る為なのです。また使用するレンズリフォーマー2というヘッドランプクリアーはプライマーレス(密着促進剤レス)でありながら、、優れた密着効果がある為、レンズ面をピカピカに磨いた状態でも、密着不良の心配がありません。

磨き完了

レンズリフォーマー2

こんなクリアー。だいたい片側のヘッドランプで主剤で30グラムぐらいでしょうか。

塗装完了。口径の小さいガンで塗装。レンズ面の塗装肌は細かく仕上げます。

ヘッドランプクリアーの上にコーティング施工。終わらない撥水性能・・・ゼンゼロダイナミック施工。

組み付け作業

フロントバンパー中央下部には、当社製補強ブラケット。 販売も致します。

両側フロントバンパー取付部亀裂。

裏側ステンレスワイヤーを使い補強。

フロントバンパー取付。

美観性が向上。

あの隙間がなくなるだけで高級感が倍増するのはなぜだろう・・・。

亀裂部は手で撫でれば突合せ部が平らになるように作業。今回はフロントバンパーは、亀裂部を裏から接合。塗装はなしでお願いしますとのことでした。スポイラー取付はお好みのスポイラー納期待ちの為、後日作業になりました。

ヘッドランプもみちがえる程綺麗に。

後日、部品待ちのフロントスポイラーに合わせてサイドスポイラー塗装のご依頼作業もご予約頂きました。すぐに作業ができなくて申し訳けございません。この度はご依頼誠に有難うございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。