More, T-CRAFT

IMG_6652.jpg
LS600h新品部品交換ではなく、フロントバンパー修理塗装・右リヤバンパー部分補修塗装・左ロッカーモール塗装・ボンネット飛び石傷塗装・左リヤドアデントリペア・左フロントドア・リヤドア修理塗装・右フロントドアエッジ塗装のご依頼です。


IMG_6655.jpg
フロントバンパー広範の損傷
IMG_6656.jpg
フロントバンパー全体的に傷がありましたので1本塗装。
IMG_6649.jpg
リヤバンパー右側広範の損傷
IMG_6650.jpg
下側までの歪み
IMG_6662_20150614080452133.jpg
左フロントドアかなり大きいひずみ
IMG_6980.jpg
左フロントドア・左リヤドアにかけての傷
IMG_7111.jpg
ロッカーパネルモールは下側全体擦り傷・亀裂
ボンネットは飛び石傷。フロントドアエッジ部の塗装欠け修理と
沢山のご依頼ありがとうございます。
初めにデントリペアから・・・・。
IMG_6680.jpg
歪みなくなりました。かなりダメージの大きい損傷でした。
IMG_7078.jpg
お次はフロントバンパー修理
IMG_7079.jpg
遠赤であっためて大まかな変形を直していきます。
IMG_7083.jpg
工業用ドライヤーを使ったりして低いところは押し出し・高いところはへこまして歪みを消し・プレスラインも歪みなく出し切ります。
IMG_7084.jpg
削りで細かな凹凸を消します。低いところは削れていかないのでその箇所をめがけて下側から押し出して

徐々に歪みを完全に消していきます。

IMG_7087.jpg
脱脂剤をかけ光の反射で歪がないか確認します。
IMG_7093.jpg
IMG_7091.jpg
もちろん毎度のことパテは盛りません。
IMG_7120.jpg
その他も同様に・・・。
IMG_7142.jpg
サフェーサーには軟化剤が入れてあります。
IMG_7144.jpg
IMG_7143.jpg
乾燥後#320のペーパーで全面歪み抜き。
IMG_7165.jpg
2回目のサフェーサー。少しシンナー多くして薄めに塗装。歪みは全くなくなった。
IMG_7183.jpg
塗装の為の下地空とぎ#500で削る。細かな歪みも更に消し去る。
IMG_7184.jpg
IMG_7204.jpg
最終水とぎで
下地処理完了。めちゃくちゃ地味な作業でめちゃくちゃ時間掛かります。真心で・・・・。
IMG_7112.jpg
次はリヤバンパー。
IMG_7113.jpg
遠赤で粗だし後削り凹凸を徐々に消していきます。こつこつと
IMG_7127.jpg
脱脂剤で歪みがないか確認。
樹脂は熱をかけると無理な力で抑え込まれている箇所が戻ろうとする力も働くのでそれも除去していきます。何を言っているのかわからない領域ですいません・・・・。
IMG_7147.jpg
サフェーサー塗装。
IMG_7148.jpg
サフェーサー塗装後#320のペーパーで歪み抜き。
そして再度サフェーサー塗装
IMG_7159.jpg
IMG_7176.jpg
ここから空とぎ#500で削ります。
IMG_7198.jpg
再塗装パンパーでしたので損傷による塗装のひび割れがそこらじゅうにあり作業難航。
IMG_7202.jpg
IMG_7201.jpg
ここも・・・・。
IMG_7200.jpg
とにかくそこらじゅう・・・。
IMG_7203.jpg
ここも・・・・。クリヤーひび割れ地道に消してゆきます。
IMG_7205.jpg
リヤバンパー下地完了。
IMG_7110.jpg
次は左ロッカーモール修理(実際の作業はフロントバンパー・リヤバンパー・ロッカーモール修理は同時進行しています。)
亀裂は半田ごてでABS樹脂を溶かしつなぎ合わせその後ステンレスワイヤーで補強。画像省略。
IMG_7125.jpg
とにかく下側の傷が多かった・・・。
IMG_7124.jpg
IMG_7133.jpg
IMG_7160.jpg
深い引っかき傷はパテを使用。
IMG_7170.jpg
IMG_7206111.jpg
ロッカーモール下地完了。
IMG_7267.jpg
塗装前
IMG_7282.jpg
塗装後
IMG_7274.jpg
IMG_7284.jpg
IMG_7277_20150614094026015.jpg
ナンバーの取付け部の傷もついでに・・・・塗装。
そしてボデーへ
IMG_7153.jpg
左フロントドア・リヤドアの傷消し。
IMG_7191.jpg
IMG_7154.jpg
ボンネット飛び石傷修理 いっぱいあります。
IMG_7213.jpg
また発見。
IMG_7217.jpg
ここもだ・・・。ご依頼箇所だけやりましたじゃいけないよな・・・・。
IMG_7222.jpg
飛び石傷が無数にある・・・・。
IMG_7290.jpg
やっとの末塗装前
IMG_7242.jpg
IMG_7292.jpg IMG_7294.jpg
IMG_7299.jpg

ボデー面のクリアーは耐擦り傷クリアーを使用。
IMG_7309.jpg
IMG_7324.jpg

右フロントドアエッジ補修塗装。カラーベース塗装はエアーブラシガンを使用。

高級車等は部品代がかなり高額な為修理することでトータルコストを抑えることが出来ます。
お時間は掛かってしまいますが、品質的にも金額的にも待って頂く価値は十分にあるかと思います。逆に言えば修理箇所が大きい場合は修理を早く終わらす方法に・新品部品よりも修理代が高くつく場合には、新品部品交換選択をする方法もあります。また、損傷がひどい事故修理の場合でもやみくもに新品パネル交換をせずに鈑金することで修復歴車扱いにならなくすることが出来る車の価値を下げない修理方法もございます。
この度はご依頼誠にありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。