More, T-CRAFT

img_7941

86フロントバンパー立て付け修理のご依頼です。

img_7942

86BRZで、いままで立て付け修理で来られた方の中で一番軽度かと思いますが、やっぱり気になるものです。

ディーラーさんでお手上げ。ご近所の鈑金屋さんでは、出来ないと嫌な顔をされたそうです。

岐阜県からご来店頂きました。

予約をされてのご依頼です。

img_7945

フロントバンパーを外し分解していきます。

img_7949

フェンダー部ボルトを外してブラケット取付部分を上に蘇生変形させますフェンダープレス部の角度を変えます。(左フェンダー交換歴車の為なぜか既存のボルトとは異なりますが・・・・。)

このことによりフェンダーの取り付け部が上に持ち上げられたことにより問題のフロントバンパーとフェンダーの隙間が縮まることになります。

板金屋さんの領域です。持ち上げ作業時に塗膜が割れないように冬場は蘇生変形させるところを温めてから作業を行うと2次災害(塗膜割れ)が防げるかと思います。

更にこの作業によりヘッドランプの取り付け位置も上にあがる為ヘッドランプ下のブラケットも上にあがり、ブラケット部にバンパーを抑え込む為のコの字型の部分があるのですがそのところの隙間が狭まる為、爪部の乗り越えが更に発生しにくい状態になるのではないかと思います。

img_7957

次にバンパー取り付け部の3個のクリップをボルトナットに変更。フロントバンパー下部を前方に引き出しながら固定。このことによりフロントバンパーが上の取り付け部を支点にして上に持ち上げられた状態になり更に問題のフロントバンパーとフェンダーとの隙間が縮まるということになります。

かつ下側クリップ部ボルトナットに変更によりバンパーのガタつきが格段になくなります。

この2つの作業がフェンダー部とバンパーの隙間を縮める核を占める当社の対策になります。

その他ブラケット加工等致します。

 

img_7962

バンパー下がりは改善されました。

img_7965

img_7967

確実に美観性が向上しました。

さりげなく・・・・・・。

img_7966111

86 BRZ共々新型車(後期型)のバンパー下がりもあるようです。前期車種同様フェンダープレス部を押し上げることにより修理は可能でございます。

この度はご依頼誠に有難うございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。