More, T-CRAFT

 

 

86 フロントアンダースポイラー・ディフューザー付きフロントバンパー下がり修理のご依頼でございます。滋賀県からお越しくださいました。

左右ともバンパー下がり、ブラケットから外れてしまってます。 重症です・・・。

フロントディフューザー付き車両の為ダウンフォースがかなり効く為フロントバンパーも下がってしまってます。

早速作業。オーナー様にご説明しながらの作業となりました。

関西サービスさんのプレートを付けられていたそうですが、影も形もありませんでした。

関西サービスさんのプレートはフロントバンパー取り付け部とコーナーブラケットの爪が乗り越えない

為の補強パーツ。効果はあると思います。ティークラフトはフロントバンパー取り付け部とコーナーブラケットの爪が乗り越えてしまう応力ははどこから発生するのか、また応力をかからないようにするにはどうしたらいいかということを考えました。

フロントバンパーは走行風により面圧がかなりかかる為、フロントバンパー中央部を手で結構な力で押した状態と同じようになります。その時にフロントバンパー取り付け部とコーナーブラケット爪部を外側に外そうとする力が働きます。その力を阻止するにはどうしたら良いのか?と考えた訳でございます。その他の対策も数々ございますが、ここでは言えませんが、施工して頂ければ詳しくご説明いたします。

作業途中の画像

補強ステー。改良版はステンレス光沢仕様。

各部施工後復元。

あの隙間はなくなりました。オーナー様にやにやが止まりませんと炸裂

うつくしい・・・。 立て付けが良くなり美観性が向上。

冴えわたる

 

素敵。

いろいろなお話しが聞けて楽しかったです。オーナー様にやけたまま帰られました。

ご依頼誠に有難うございました。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。